リキッドファンデーション

リキッドファンデーションは、肌にしっかりと密着し、浸透してくれます。

その為、高いカバー力を維持する事が出来る、化粧崩れし辛い所もポイントです。



リキッドなので、保湿力に優れ、乾燥しづらい性質なので、粉拭き等が起こる事がありません。乾燥肌の方には是非、リキッドファンデーションをオススメします。



リキッドタイプは、塗り方によってはとても自然にみせてくれ、ファンデーションを塗っていないかのように見せてくれます。

リキッドなので濃い目のメイクに思われがちかもしれませんが、肌に馴染むとナチュラルな肌に見せてくれますので、ナチュラルメイクにも役立つファンデーションです。



リキッドファンデーションのデメリットは、塗り方が難しいという所です。量や塗り方の調整が難しいと言われています。

また化粧直しをし辛いので、崩れてしまうと多少厄介になってしまいます。

その場合は、リキッドファンデーションを上から塗り直してあげたいですが、なかなか綺麗にフィットさせる事は難しかったりします。フィニッシュパウダー等で整えてあげると、綺麗な肌を復活させてくれます。

パウダーファンデーション

パウダーファンデーションは、よく皆さんが気軽に使っているファンデーションですよね。

パウダーファンデーションは、塗るのがとっても簡単です。

スポンジにファンデーションを付けて、肌の上をさっと滑らせてあげるだけで、簡単に色づきさせる事ができます。

初心者の方にも、厚くならずに均一に塗ってあげる事ができるので、とても容易で、しかも使い易く、持ち運びも便利なファンデーションです。



屋外でメイク直しをする時も、サッと引いてあげれば色付きするので、とっても簡単です。



デメリットは、パウダーなので、乾燥肌の方にはカサカサしやすい所です。

どうしてもメイクが崩れてくると、ファンデーションが薄くなった場所等は、肌のカサカサが目立ってきて、粉浮きする事もあります。



また、パウダーなので、自然派肌質感を出すことが難しかったりします。どうしても粉を乗せているという感覚には見えがちなところが、残念な所でもあります。

カバー力も少ないので、上手に肌の色を隠してあげる事が困難な場合もあります。



パウダーファンデーションのパフは、定期的に洗ってあげる必要があります。

パフには知らず知らずのうちに雑菌が繁殖し始め、不衛生になってしまっています。

リキッドタイプは手を使う事が殆どなので、こういう不衛生さはありません。



気軽に使えるパウダーファンデーションですが、こういうパフ等の管理が他の2つとは違い、多少工程が1個増えてしまいます。

クリームファンデーション

クリームファンデーションは、リキッドと同じく、カバー力があり、フィット感もあります。

クリームタイプなので、他の2つに比べて保湿性に富んでいます。付ける事によりしっとりさせてくれますので、乾燥肌の方や、アンチエイジングをしたい方にオススメします。



リキッドより重いテクスチャーですが、ふわっとした付け心地なので、リキッドファンデーションより軽く感じる方も多いそうです。



デメリットとしては、リキッドと同等、付ける量の見極め方が難しい所です。

リキッドよりテクスチャーが固いので、なおさら付ける量を多くしがちになってしまいます。

厚ぼったくなったり、老けてみられたりするような肌になってしまう事もあります。

脂性肌の方には固いテクスチャーが合わなく、メイク崩れをしやすくしてしまう為、オススメしません。

Tゾーンが特に崩れやすいので、他の部分を塗って余ったファンデーションをTゾーンに塗るようにすると、崩れにくくなります。